マガジンのカバー画像

Blue Prism ベストプラクティス

15
Blue Prismでロボットを構築することは、決して難しいことではありません。 どんなツールにも、ベストプラクティスというものが存在します。Blue Prismも例外ではありま… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

Blue Prism ロボット構築の ベストプラクティス

はい、以前運営していた別ブログで登場したのでご存知の方も居らっしゃるかもしれませんが、改…

Blue Prismベストプラクティス 構築編 1 オブジェクトの粒度とその内容

プロセスとオブジェクトプロセスとオブジェクトの役割分担に悩まれる方も多いかもしれません。…

Blue Prismベストプラクティス 構築編 2 エラーハンドリング – Bl…

BlockとRecoverで想定外のエラーをキャッチする想定できるエラーについては、皆さん既に、入力…

Blue Prismベストプラクティス 構築編 3 データアイテム – グローバル変数、環境変数…

データアイテム(変数)、、、まず、アクションやページへのパラメータに値を直書きすることは…

Blue Prismベストプラクティス 構築編 4 ケースのリカバリーとプロセス…

唐突ですが、どんなプロセスでもWork Queueを必ず使いましょう。 Blue Prismの良さは、このWo…

Blue Prismベストプラクティス 構築編 5 プロセステンプレート

おはようございます、こんにちは、こんばんは。 今日もBlue Prismのnoteをご覧いただきありが…

Blue Prismベストプラクティス 設計編 1 プロセスとオブジェクトの役割分担

お待たせしました。ベストプラクティスシリーズも、今回からいよいよ、設計編に入ります。引き続きよろしくお願いいたします。まずは設計編 1 プロセスとオブジェクトの役割分担 についてです。 プロセスとオブジェクト先の記事で、オブジェクトで実装すべきものについてご紹介しました。大原則を再掲します。 ロジックは、オブジェクトには実装しない。 ロジックは、すべてプロセス側に実装する。 です。 プロセスプロセスには、業務フローを実装します。業務ロジック、例えば、判断、分岐、順序、エラ

スキ
3

Blue Prismベストプラクティス 設計編 2 プロセスの分割と設計(前編)

今回は、設計編 2 プロセスの分割と設計(前編) です。 プロセス設計これまで、オブジェクト…

Blue Prismベストプラクティス 設計編 2 プロセスの分割と設計(後編)

今回は設計編 2 プロセスの分割と設計(後編)です。 前回の前編もご参照ください。 ソリュー…

Blue Prismベストプラクティス 設計編 3 Work Queueを使う

「ジャナイホー」による「ベストプラクティス」シリーズ、今回は、設計編 3 Work Queueを使う …

Blue Prismベストプラクティス 設計編 4 リカバリー設計

「ジャナイホー」による「ベストプラクティス」シリーズ、今回は、設計編4 リカバリー設計 に…

Blue Prismベストプラクティス 設計編 5 内部統制対応

「ジャナイホー」による「ベストプラクティス」シリーズ、今回は、設計編5 内部統制対応 です…

Blue Prismベストプラクティス 設計編 6 データ入出力の効率性 - R…

ども。 「ジャナイホー」による「ベストプラクティス」シリーズ、今回は、設計編6 データ入出…

Blue Prismベストプラクティス 設計編 7 通知・アラート

「ジャナイホー」による「ベストプラクティス」シリーズ、いよいよ最終回、設計編 7 通知・アラート についてです。 プロセスの実行状況や実行結果を、管理者や要求元に対して、どのように知らせるか、についても、設計フェーズでちゃんと考える必要があります。 こういうのって、あとから色々と「あーしとけば良かった。こーしとけば良かった」というのが出てくるもんです。 ちょっとアイデア出しをしておきますので、是非、ご検討下さい。 本番運用開始後、プロセスの稼働状況を監視することになるわ

スキ
3